北条氏政

「戦国BASARA」シリーズ唯一のおじいちゃんキャラ・北条氏政

戦国BASARA3では、敵武将として登場していた戦国武将・北条氏政ですが、
今回「戦国BASARA3 宴」では、使用できるようになりました!
実は私たち夫婦は北条のおじいちゃんが大好きなのです(笑)。
今回はとてもパワーアップした北条氏政を使用したいと思います!
北条氏政
北条氏政は、相良国の戦国武将で、父・北条氏康、母・瑞渓院の次男として誕生しました。
彼の逸話は後世の創作が多く、さらに否定的なものが多いためあまり知られていません。
その中でも一番有名な逸話が「汁かけ飯の話」です。
食事のとき、氏政がご飯に一度汁をかけるのですが、汁が少なかったため、もう一杯汁をかけ足したのです。
その様子を見ていた父・氏康は「毎日食事をしておきながら、飯にかける汁の量も量れんとは。北条家も儂の代で終わりか。」と
嘆息したというものです。
しかし、これは後世の創作ではないかとも言われています。
また、これに似た話しに毛利元就と輝元の話しもあるそうです。

北条氏政の評価は少しずつですが、変化しています。よく「情勢に疎い井の中の蛙」と言われる北条氏政ですが、
織田信長が武田を滅ぼし、関東まで勢力を拡大してきた際の氏政らの信長への対応を考慮すると、
決して的外れな批判であるとも言われ、良い方に評価されてきています。

さらに、北条氏政はとても家族思いの人物で、常に家族と良好な関係を築いており、とても愛妻家としても有名でした。
正妻だった黄梅院とは、武田軍の駿河侵攻の際に離婚させられてしまったのですが、
最後まで彼女と離れることを嫌がっており、父・氏康の死後、武田と和睦した際に、
既に亡くなってしまっていた正妻の遺骨を真っ先に貰い受け、手厚く葬ったそうです。

父の統治していたときよりも北条氏政が治める勢力は確実に大きくなっており、良き臣下に恵まれ、
様々な戦で功績を残しているため、決して頭の悪い武将さんではなかったのです。
島津氏や長宗我部氏のように降伏することなく最後まで豊臣に屈しなかったため、北条氏は滅亡してしまいましたが、
最期まで諦めないで戦った北条氏政は勇敢だと私は思います。

「戦国BASARA3 宴」では、おちゃめなおじいちゃんキャラとして登場していますが、史実を知ってギャップがあり過ぎて驚きました。
北条驚愕
「戦国BASARA3 宴」での北条氏政の武器は、なんと槍なのです!しかも「北条栄光槍」という名前が付いています。
ゲームでの北条氏政は、北条家の復興を夢見てやまない北条家の当主として登場しています。
一度でいいから勝利を味わってみたいという一心で、徳川家康率いる東軍へ加わろうと切磋琢磨します。
小田原の役で豊臣軍より激しい攻城を受けてしまい、その際、黒田官兵衛の無血開城によって命を助けられたのです。
それ以来、黒田官兵衛とは固い友情で繋がっているのです。
そんなおじいちゃん・北条氏政の特徴は、攻撃を行うと、フラフラとしていて、
とても危ないですが、攻撃範囲がとても広くて優秀です。

また、奥義である「北条家栄光盛衰」は、自身にご先祖様を憑依させることができ、奥義中は素晴らしいほど機敏に動きます。
しかし、発動中ガードと回避が出来ません。
しかし、この奥義がかなり使えるため、北条氏政を使用している方は多いと思います。
さらに、固有技「北条家最高灸」と併用することで、さらに強化されます。固有装具「老成剛毅」を装着することで、
「北条家最高灸」と「北条家栄光盛衰」の効果時間が3倍になるため、おそらく今作最強おじいちゃんだと思います!

 

引越し。少量の荷物なら、料金はこんなに格安になる!
荷物の少ない引越しは、日通もクロネコヤマトもアート引越センターもまとめて値下げ交渉しよう。
http://www.xn--68j792ke5bh34ehqe.com/

前田慶次

「戦国BASARA」シリーズ~戦国一の傾奇者・前田慶次

前田慶次は戦国BASARA2から登場した戦国武将です。自軍を持たない戦国武将として登場するため、よく京の都を拠点としております。
また、上杉軍として戦に登場することもあります。
前田慶次
そんな彼の「戦国BASARA」シリーズでの性格は、恋する気持ちを誰よりも大切にし、
何よりも自由に生きることを望む上杉の風来坊として登場します。
慶次は、豊臣秀吉の友人として過去のストーリーで紹介されています。
しかし、考えの違いから仲たがいしてしまい、その後逢うことはなく、時が過ぎていってしまいました。
ある日、豊臣秀吉が徳川家康に討たれたことを耳にします。
秀吉の死後、慶次自ら上杉軍へ赴き、現在に至ります。
徳川家康のことを「秀吉を討ち取った人間」として常に気にかけており、
友を亡くし深く傷付いた彼の心は誰にも悟られることはありません。

前田慶次といえば、漫画「花の慶次」が有名ですよね。
ですが、皆さんご存知の前田慶次は「上杉将士書上」に記載されている略伝の記述だったり、
「常山紀談」や「翁草」などといった逸話、「加賀藩史料」や「前田慶次道中日記」などを基に
小説家・隆慶一郎さんの小説「一夢庵風流記」が基になっています。

慶次の逸話として、このようなお話しがあります。慶次が京都にいた際、豊臣秀吉が伏見城(または大阪城)にて、
諸国から有名な大名を招き、一夕盛宴を開催したのです。
慶次はそれを知り、どこからか城の中へ忍び込み、呼ばれていないにも関わらず、一緒に宴を楽しんだのです。
慶次は末座の方から猿面を付け、手拭いで頬被りをし、
扇を振りながら一座の前へ踊り出て、大名たちの御膝の上にちょこんとのっかっていくのです。
もちろん、この行為は無礼に当たるのですが、猿真似の猿舞の座興ということもあり、誰ひとりとして咎めませんでした。
しかし、その宴の席には、主君である上杉景勝の姿もあり、彼の御膝だけには腰かけることが出来ませんでした。
後に慶次は、「天下広しといえど、真に我が主と頼むは会津の景勝をおいて外にあるまい。」と言い、
いくら無遠慮の慶次といえども、景勝の御膝に座ることは出来なかったそうです。

また、前田慶次が会津へ移ったある日、酒宴で傲慢な林泉寺の和尚さんを殴りつけてやりたいという愚痴を聞いたのです。
慶次は早速その和尚さんに会いに行きました。
林泉寺に着き、碁盤を見つけた慶次は和尚さんに一局勝負を挑みました。
勝った方が負けた方の頭を殴るというルールを提案し、和尚さんは最初その提案を拒みます。
しかし、なかなか引かない慶次に和尚さんは折れ、しぶしぶ承諾することに。
結果、慶次は負けてしまい、和尚さんが慶次のおでこにピンっと小突いて終わるかに見えたのですが、
慶次の希望でもう一局勝負することになったのです。
結果は慶次の勝利だったのですが、和尚さんを殴ることに躊躇してしまうのです。
すると、和尚さんが「お気になさらずに、どうぞ。」というと、慶次は「それでは」と和尚さんの眉間めがけて拳を振り下ろしたのです。鼻血を出して倒れる和尚さんをその場に放置し、慶次は林泉寺を後にしたのです。
前田慶次はこのように遠慮のないすっぱりとした性格なので、きっと誰からも愛された人物だったのでしょうね。

「戦国BASARA」シリーズ内の慶次は、恋のことに関すると面倒くさい人物になります。
平和を好むため、戦は好きではありません。彼はゲーム内で、大きな武器の超刀・朱槍を使用します。
可愛いお猿さん「夢吉」も戦で活躍してくれる奥義「恋文送り」という技があるのですが、これが結構危ないのです。
慶次が夢吉におつかいを頼むのですが、おむずび(小)・小判箱・鈍足ひょうたん・爆弾の4つのうち1つを持って帰ってくるのですが、
私の場合、結構な確率で爆弾を持って帰ってくるのです!なので、私はあまり使いません。
慶次の固有技の中に「恋のかけひき」という技があるのですが、これが非常に便利なのです。
攻撃中に桜のマークが表示されることがあるのですが、そのときにタイミング良く固有技ボタンを押すと、
様々な特殊攻撃を行ってくれるのです。稀にくしゃみをして失敗する場合もあるのですが…。
前田慶次は個人的に非常に使い勝手が良いキャラクターだと思います。

松永久秀

「戦国BASARA3 宴」~信長と対等に渡り合える武将・松永久秀

「戦国BASARA3 宴」で初めて使用可能となった新しい戦国武将・松永久秀ですが、
彼は戦国BASARAシリーズで一番の悪者ではないでしょうか。
今まで、織田信長が悪者として登場していたのですが、今作は織田信長の上を行く凶悪なキャラクターとして、松永久秀が登場しています。
松永久秀
彼のゲーム内での性格は、己の欲望に忠実で、自分が欲しいと思ったものは必ず手に入れるという考えの持ち主で、
他人を圧して踏みにじろうとも、かほどの瑣末とも考えていない恐ろしい人物です。
また、非常に頭が切れる人物でもあるため、人の本質を見つめることをよしとし、本能と欲望のまま生きることが人間の正しい姿であると考えています。

史実での松永久秀は、室町時代後期から登場する戦国武将です。山城が出身地で、大和を領土としていました。
戦国時代屈指の「梟雄(きょうゆう)」と言われており、弾正の官職に就いていたことから「松永弾正」とも呼ばれていたそうです。
織田信長などの有名な武将に仕えていた時期もあり、隙を見ては嘴を突き立てるという油断も隙もない人物でした。
信長は家康に松永久秀を紹介する際にこう言っています。
「この老人は常人に出来ぬ事を3つやってのけた。1つは将軍・足利義輝の暗殺。
1つは主君であった三好家の乗っ取り。そして、東大寺の焼き討ちである。」
松永久秀は、戦国稀代の謀将として有名だったのです。
ですが、非情な性格とは裏腹に、統治する領民には善政をしいていたり、
茶道や医学、日本初の天守閣を建設といった戦国屈指の文化人としても有名だったのです。
特に茶道では、誰もが欲しがる名器を複数所持していたため、松永の教養の高さを表しています。

松永久秀はなんと信長を2度裏切っています。
1度目は三好三人衆を犯人に仕立て上げ、信長の許しを得ました。2度目は、離反です。
当時信長は松永が所有していた平蜘蛛茶釜が凄く欲しかったのです。
そこで、松永に「平蜘蛛茶釜を差し出せば助けてやる。」と言いました。
彼は信長に平蜘蛛茶釜を渡すどころか、火薬を詰め込んで爆死を選択しました。

そんな恐れ知らずな松永久秀ですが、1つだけ恐怖を覚えた瞬間がありました。
それは、ある日、松永久秀は仙人果心居士を招いたことがありました。
松永は仙人果心居士に向かってこう言ったのです。
「自分は戦場でも一度も恐怖を味わったことがない。そなたの術で儂を恐怖させてみよ。」すると、
仙人果心居士は松永の前妻の亡霊に化け、松永は仙人果心居士に泣きを入れたのです。

そんな松永久秀ですが、「戦国BASARA3 宴」では恐怖するどころか恐怖を与える人物に変貌しております。
松永の武器は宝刀と火薬です。炎属性というよりは、爆破属性って感じの攻撃が多いです。

松永戦闘中

火薬を付着または撒き、爆発と共に炎で攻撃するのが松永の特徴です。
固有装具の「天我独尊」は奥義「焔界」を使用している状態で戦に出陣することが出来ます。
さらに解除されることがなく、とても重宝します。
また、固有奥義「塵晦」では、敵に応じて4種類のセリフが用意されているので、是非試してみてください!

利家とまつ

前田利家とまつも「戦国BASARA3 宴」から使用可能に!

戦国時代のおしどり夫婦・前田利家とまつ。
人気ながら「戦国BASARA3」では使用できなかった武将キャラクターだったのですが、
今作では使用できるようになりました!
利家とまつ
PS2の戦国BASARAシリーズではよく使用していたのですが、PS3では初めてなので、
どんな攻撃が追加されているのか楽しみです。

さて、前田利家とまつといえば、非常に人気の高かった大河ドラマの「利家とまつ」で皆さんもご存知ですよね。
ゲームでは、おしどり夫婦のまま登場するので史実と変わらないかもしれませんが、若干性格は変わっています。

前田利家は、妻・まつの手料理が大好物で、誰であろうが分け隔てなく接してくれるため、
部下の方々から慕われる優しい武将さんになっています。
織田信長の死後、豊臣・徳川のとぢらにもつかず、中立を保ってきたのですが、
御家と民を守るため、利家は苦渋の選択を強いられることに。
まつは、日々薙刀と料理の腕を振るって、夫である利家や部下の方々を支えていました。
ある日中立である前田軍が気に入らないとした東軍の武将にまつは人質として囚われてしまいます。
どのような結果になろうとも、利家と運命を共にする覚悟を決めているまつは、利家を信じて待つのです。
素敵な夫婦ですよね!こんな良い夫婦は現在でもなかなかいませんよね。

史実では、前田利家は尾張国海東群荒子村の荒子城主である前田利春の四男として誕生しました。
槍の名手であったとして「槍の又左」という異名を持っていました。
利家は傾奇者の風潮が好きで、若い頃はよく女性物の着物や動物の毛皮があしらわれた着物などの派手な格好で、
腰に赤い鞘の太刀をぶら下げて、常に物凄い大きさの朱槍を携えていたと言います。
この頃の利家は粗暴で喧嘩好きとして有名で、利家を見かけると「又左衛門の槍が来た」と言われるほどでした。
細身の体系で、整った顔立ちをしており、なおかつ計算高く世渡り上手な利家は、
前田家の決済を自身で行っていたのです。
利家は2年間浪人時代を過ごしていたため、お金の大切さを誰よりも知っていたのです。
そのおかげで、前田家の財政は健全であり続けることが出来たのです。

まつは、尾張国海東群の篠原一計の娘として誕生しました。
父・一計死後、母が尾張守護である斯波氏の家臣であった高畠直吉と再婚すると、
まつは母の妹の嫁ぎ先である尾張荒子城主・前田利昌に養育されることになったのです。
12歳になったまつは、利昌の子で従兄弟にあたる前田利家と結婚します。
利家と結婚後、22年でなんと2男9女という11人の子供を産みました。
これは戦国時代でも非常に稀なことなのです。
利家とまつは、本当に仲が良かったのですね!
ゲームでも史実でも仲良しな2人が羨ましいです。

「戦国BASARA3 宴」から使用可能になりましたが、前田利家の武器は、「槍の又左」ということで、
ゲーム内でも三又槍を使用します。
ですが、女性であるまつは、武将ではないため武器を持たないので、
ゲーム内では薙刀を持って戦います。
利家の特徴は、野性的な攻撃が多いです。
また、回復アイテムである「おむすび」を取得すると一定時間パワーアップします。
ですが、効果が切れるとお腹を抱えてぐーっとお腹がなってしまうため、
早めに固有装具を取得するか、パートナーにまつを設定して出陣すると良いです。
前田利家戦闘中
まつの攻撃は、薙刀を振るうよりも奥義である「怒れ!五郎丸」をメインに暴れると楽しいです。
元々固有技も古流彗星突き以外の技や奥義、バサラ技は全て動物が含まれているものが多く、
まつの固有装具である「賢才瞬麗」を装備して戦に出陣すると、動物を使った攻撃が2倍になるため、
非常に強力になります。奥義で登場する五郎丸は熊なのですが、
熊に乗って移動・攻撃・一緒に戦うことだって出来ちゃいます。
固有装具を付けた五郎丸は本当に強いのでオススメです!

立花宗茂

「戦国BASARA3 宴」から使用可能! 立花宗茂が素敵すぎる!!

「戦国BASARA」シリーズでも、「戦国BASARA3 宴」から使用できるようになった
戦国武将の1人・立花宗茂をご紹介したいと思います。
立花宗茂
私たち夫婦は北条氏康と同じくらい立花宗茂が好きです。
なぜなら、あの容姿から想像出来る性格とは全く正反対なのです。
主君である大友宗麟から無理難題な命令を受けて、日々頭を悩ませる姿がとってもチャーミングな武将さんです。

立花宗茂は、とても口数が少ないキャラクターなのですが、その代わりに、
心の声がやたらと面白くて、ついついププッと笑ってしまいます。
たまに心の声が口から出てしまうときもあるのです。
そういった可愛い一面を持っているのが立花宗茂なのです。

立花宗茂のゲーム内での性格は、西の立花と称されるほどの人物で、
本田忠勝・島津義弘と並んで、剛の者と呼ばれていました。
人を慈しみ、信を重んじ、雅を愛する教養高い人物となっています。
主君である大友宗麟がザビー教という宗教に傾倒しているため、彼に振り回される日常を過ごしています。
そんな彼に愛想を付かず、主に仕えてこそが道であると信じ、武士の魂を貫き通しています。
そんな立花宗茂ですが、実際の史実では、どんな男性だったのでしょうか?

1567年吉弘鎮理の長男として誕生します。
ですが、1581年に大友氏の家臣である戸次艦連の養子として迎え入れられた。
戸次艦連の娘・誾千代と結婚し、戸次艦連から家督を譲り受けたが、誾千代とは不仲だったため、
子に恵まれず、誾千代の父である戸次艦連の死後、2人は別居したと言われています。
立花宗茂は、関ケ原の戦いの後、京都で家臣と共に浪人時代を過ごしていた。
その日の食べ物を調達することも難しいという難儀な生活を送っていたといいます。
ある日、米が足りないということで、一緒に暮らしていた家臣の1人が雑炊を作って立花宗茂に差し出したのです。
すると、宗茂は雑炊を見るなり激怒したのです。
今まで裕福な生活を送っていたために、雑炊という食べ物を知らず、汁かけ飯だと勘違いしてしまったのです。
しかし、加藤清正や島津氏などの支援を受け、昔の生活に比べれば、経済状況は悪いのですが、
日々の食事に困るような生活ではなかったのではという話も存在するため、
立花宗茂が藩祖としての苦労話を際立たせるために誇張した話ではないかと言われています。

そんな立花宗茂ですが、ゲームの中では面白い愛されキャラクターに変貌しています。
彼には「戦国BASARA3 宴」内に独自のストーリーモードが存在します。
ストーリーは全3話と短いのですが、とても濃厚なお話しです。
大友宗麟が立花宗茂にザビー教のトップであるザビー様を探してこいというところから始まります。
いい加減目を覚ましてほしいと願っていた宗茂は、宗麟の頬を叩いてしまいます。
すると、宗麟から島流しの命を下されてしまうのです。
小さな小舟に乗って、プカプカと大海原を流される宗茂が様々な武将と出会い、
宗麟と共に過ごした日常の大切さをひしひしと感じ、あの場所へ戻りたいと願うといったストーリーになっています。

立花ストーリー

第一章は鶴姫に出会い、西の方角へ進むと良いと言われるので、早速向かいます。
第二章では、小早川・天海に出会い、ここではどちらのルートに進むかで、立花のセリフが変わります。
第三章に以前宗麟と行った思い出の地京の都で、かすが・前田と出会い、感慨に耽っていると、
後ろから立花を呼ぶ声が聞こえてきます。
立花が振り返るとそこにいたのは…。
この先はプレイしてのお楽しみです!

大友宗麟のストーリーの続きのようなストーリーになっているため、
「戦国BASARA3 宴」では先に宗麟のストーリーをプレイした方が、より楽しめると思います!

石田三成

「戦国BASARA3 宴」のメイン武将・家康のライバル石田光成

「戦国BASARA3 宴」で徳川家康とライバル関係で登場した西の総大将・石田三成をご紹介したいと思います。
石田三成
今回「戦国BASARA3 宴」では、徳川家康と共に登場するという戦闘ステージも用意されており、
今までと違った石田三成が登場します。
ですが、相変わらずの上から目線の物言いなので、好感が持てるキャラクターとはいかないようですね。
徳川家康とは陰と陽の関係のようにゲームでは描かれています。

ゲーム内での性格は、関ケ原の戦いで西の総大将として登場します。
石田三成は、豊臣秀吉に取り入られて以来、秀吉を神のように崇め慕っていたという設定です。
徳川家康が豊臣軍から離反し、
秀吉を討ち取ったと知った石田三成は復讐のため徳川家康を討ち取ることに執着し出します。
嘘を付けない真っ直ぐな性格で好感が持てるのですが、融通が利かないのが玉に傷です。

石田三成は、1560年に近江国坂田郡にある石田村で誕生しました。
当時織田信長に仕えていた豊臣秀吉が近江長浜城の主となった際に、父と兄と共に秀吉に仕官し、
三成は秀吉の小姓として仕えたのが始まりだそうです。
石田三成の史実でこういった逸話が存在するのをご存知ですか?
ある日、豊臣秀吉が伏見城に井戸を掘るように命じた出来事があったのですが、
井戸を掘るためには丘陵から水脈までを掘らなければならないため、
井戸を掘ることになった担当の者は苦戦を強いられていまいた。
なかなか井戸が掘られないということを耳にした石田三成は、貫差しの銭を井戸の中へ投げ入れて、
工事を行っていた男性たちに向かってこういうのです。
「井戸を掘り抜けば、あの銭はお前たちのものだ。」その言葉を聞いた工事を行っていた男性たちは、
井戸を完成させるべく必死に井戸を掘り続けました。
その結果、なかなか完成しなかった井戸が、石田三成の機転のおかげで早く完成させることが出来たのです。

では、そんな石田三成を今回「戦国BASARA3 宴」のプレイヤーとして使ってみた感想ですが、武器は刀です。
伊達正宗よりもちょっぴり長い感じがします。
初めて使用した際にはなれなくてなかなか使い勝手が悪いと思っていたのですが、
刹那という技を絡めながら攻撃を行うことで、隙がない攻撃が可能になるのが特徴です。
旦那がよく松永久秀と同じくらい使用しているキャラクターでもあります。
技の端々にちょっとした隙があるため、
通常攻撃からのキャンセルや刹那などを用いて攻撃の前後に存在する隙を無くすことが可能になり、
一般兵からのチクチク攻撃を受けなくて済みます。

石田三成の固有装具は「君子殉凶」といい、「恐惶」が無制限に使用可能になる他、
属性が付いていない武器でも属性が付いた状態になり、15%の確率で属性が発動します。
石田三成の属性は闇なので、この固有装具は非常に嬉しいです。
しかも好きな武器が使用出来るのも良いですよね。

「恐惶」というのは、奥義の1つでちょっぴり癖のある技です。
「戦国BASARA3」の操作性に慣れないときにこの奥義を使ってしまうと、
えらいことになるので、お気を付けください!

徳川家康

戦国BASARA3のメイン武将・徳川家康が織田信長について話す場面。

戦国BASARA3のメインとして登場した愛知県三河出身の戦国武将「徳川家康」ですが、
実は戦国BASARA2にも登場していたのです。
そのときは、今のような青年ではなく子供のような風貌で武器も今とは違う槍を装備していました。
がらりと変わった徳川家康ですが、ゲーム内の彼の紹介も以前とは違うようです。
徳川家康
東軍の総大将。豊臣秀吉に敗退して以来、豊臣軍の一員として耐えていました。
豊臣秀吉が世界へ向けて戦火を広げようとしていたところを、家康の我慢が限界に達して反発します。
「絆」の力で世の中を統治する。これが徳川家康の意志でした。
武力で世を統治するという考えの秀吉は、家康が率いる徳川軍と戦を始めます。
ついに、家康は秀吉を討ち取り、天下泰平のため今後も戦は避けられないとし、
持っていた武器を捨て、拳1つで戦場に赴くのでした。明るくて人懐っこい性格は昔と変わらない徳川家康です。
絆が口癖のため、「戦国basara」では使用しているとちょっぴり飽きてきてしまうのがもったいないところです。

徳川家康は、1543年愛知県岡崎市にある岡崎城で父・松平広忠と母・於大との間に誕生した男の子です。
また、戦国の三英傑の1人としても有名ですよね。
徳川家康はよく名前が変わっており、松平元信に始まり、松平信康、松平家康、徳川家康となったのです。

この頃の松平家は当時駿河の地を統治していた今川義元の傘下でした。
1554年水野元信が今川義元から離反し、尾張で勢力を拡大していた織田信秀に下ったのです。
そのため、徳川家康は幼くして母と離ればなれになってしまったのです。
1547年9月、織田信秀が三河の地へ侵攻を開始したため、
松平広忠は今川義元へ自身の息子である家康を人質として差し出したのですが、
その任を請け負った当時の田原城当主・戸田康光は今川の元へ向かうと見せかけて、
尾張の織田信秀の元へ向かったのです。
織田家へ売られた家康を使い、織田信秀は松平広忠に織田へ降伏するよう提案したのです。
しかし、その提案を断り、争う姿勢を示したため、織田信秀は家康を万松寺という菩提寺へ預けたのです。
このとき家康は6歳で、当時13歳だった織田信長と初めて顔を合わせたのです。
この後、様々な経緯を経て、尾張の主君である織田信長の元へやってくるのでした。

「戦国BASARA3 宴」では、織田信長を討ち取った明智光秀のストーリーで、
徳川家康が織田信長について話す場面があります。
どういった内容なのかは、プレイされてからのお楽しみです。

徳川家康の「戦国BASARA3」での武器は、前述通り拳です。
しかし、素手ではなく手甲です。蹴りなどの攻撃は一切ないため、非常にリーチが短いです。
複数の集団に囲まれてしまうと弱いですね。

家康の固有装備は、戦開始からフードを被った状態で出陣することができるというものです。
実はフードを被ると技の溜める時間が短縮されるのです。
溜めると威力が上がるため、非常に役に立つのです。

しかし、私たち夫婦はあまり徳川家康の操作が得意ではありません。
私は奥義「葵の極み」が好きで使用しているのですが、高難易度になってきますと、
止まって発動する奥義のため、単なる的になってしまうのです。
プスプスと刺してくるため、技が発動しないなんてことも多々あるので非常に使いにくいのです。

また「耐心盤石」という家康の強力な連続頭突きの奥義があるのですが、
高威力のため使用したいとは思っているのですが、なかなか当たらないのです。
うーん…。
いつか上手に徳川家康を使用してみたいです。
まだまだ「戦国BASARA」の徳川家康の扱いに不慣れな状態なので、もっと練習しなくては!

真田幸村

「戦国BASARA」シリーズの熱血漢・真田幸村はちょっと天然!?

今回は、戦国BASARAシリーズで伊達正宗のライバルとして登場する
長野県の戦国武将「真田幸村」をご紹介したいと思います。
真田幸村
ゲームでの彼の性格は、一言でいうならば可愛い男の子ですね。体育会系で純粋無垢な性格です。
天然なキャラクターとった感じも受けます。
取り敢えず、暑苦しい天然キャラな男の子です。
徳川家康との戦を目前に病に倒れてしまった武田軍総大将の武田信玄に代わり、総大将となった若き虎です。
しかし、敬愛していた武田信玄が倒れてしまったことで、大きな大黒柱を失った武田軍は、
衰退の道を歩んで行ってしまうのです。国と人を守るという難しさから、
もがき苦しみ戦国乱世を切り抜けていくのです。
ゲームでは、ちょっぴり頼りない男の子ですが、実際はとても賢くて優秀な武将さんだったのです。

真田幸村は1567年に武田氏に仕える信濃国上田城主の真田昌幸の二男として誕生しました。
幼名は弁丸といい、通称は源次郎といいます。
彼にはあだ名があり、「不思議な弓取り」と呼ばれていたそうです。
1582年に武田勢は天目山の戦に敗れてしまい、父・昌幸も上田城へと引き返すことになったのです。
しかし、その帰り、四万余りの北条軍と出会ってしまったのです。
戦に敗れ、帰還途中だったため、300ほどしか兵がおらず、戦を起こしても勝ち目がないと頭を悩ませていたのです。
すると、当時15歳だった真田幸村が父・昌幸の前に出てこう言ったのです。

「父上、私に良い考えがあります。私に紋のない旗をお与えください。」
不思議に思った父でしたが、息子に言われるまま何も書かれていない旗を渡しました。
彼はその真っ新な旗に北条方の武将松田氏の旗印である永楽通宝を描き、兵に持たせ、
軍を六部隊に分けて闇討ちを計ったのです。
当然北条軍は松田氏が謀反を起こしたと思い、戦場は大混乱に陥ってしまいました。
その間に真田勢は無事上田城へと辿り着いたのです。幸村の機転の良さが300もの兵を救ったのです。
城に着くと、父・昌幸から「でかしたぞ!これにちなんで、そなたの旗印には六つの銭を描くがよい。」と
感謝の言葉を掛けられたのです。
こうして、彼は六文銭の旗印を掲げるようになったのです。

史実ではとても聡明な方だというのが分かりますよね。
ゲームでは真逆ですが、このギャップが私は好きです。
では、戦国BASARAシリーズでのキャラクター紹介へ移りたいと思います。

戦国BASARAシリーズで真田幸村が使う武器は二槍です。
彼の固有装具である「天覇絶槍」はとても使い勝手が良いです。
幸村の固有装具の特徴は、奥義である「熱血大噴火」を始めから使用した状態で出撃することができ、
さらに時間無制限なため永久的に効果が続くのです。
伊達正宗の固有装具とは違い防御力が低下することが無く、寧ろアップします。
なので、個人的には非常に使いやすいキャラクターです。

しかし、スピードもアップするため、通常攻撃の一撃目がダッシュになってしまったり、
ボスキャラクター以外の兵士の攻撃頻度が上がり、チクチクと技を出すタイミングで割り込んでくるため、
少々邪魔に感じることも多いです。

「戦国BASARA」シリーズにおける真田幸村の特徴としては、キャンセル攻撃が可能です。
タイミング良く通常攻撃ボタンを押すと、ダッシュ攻撃を行ってくれるため、
隙を無くして戦闘出来るのです。これはオススメですよ!

個人的に一番好きな攻撃は奥義の「虎炎」です。
虎炎からの鳳凰落のコンボが一番やりやすいのでよく利用しております。
「烈火」は苦手です。
二槍の槍を前方に連続で突く攻撃なのですが、ボタン連打をし過ぎてしまうのです。
旦那は烈火が好きみたいですが…。

真田と北条のタッグ

ですが、真田幸村は私ばかり使用しており、旦那はあまり使用しません。
なので、彼を使うのは私だけなのです。
しかも、戦国BASARAシリーズでは真田幸村が一番得意なので、レベルがすぐにMAXになっちゃうので、
たまには他のキャラクター使ったら?と言われちゃいます(笑)。
好きなキャラクターって、ついつい使い過ぎちゃいますよね!

伊達政宗

「戦国BASARA」シリーズで根強い人気を誇る独眼竜・伊達正宗。

まずは「戦国BASARA」シリーズにおいて根強い人気を誇る宮城県の戦国武将「伊達正宗」。
ゲーム内のキャラクター設定の紹介と、使用キャラクターとしてのオススメスキルなどを
ご紹介していきたいと思います。
伊達政宗
戦国BASARA内での彼は、奥州を束ねる若きカリスマで、豊臣全盛期に小田原の役にて、
打倒豊臣を掲げ進軍するも、待ち受けていた石田光成に敗北してしまう。
この敗北で奥州の弱体化が進み、プライドを傷付けられた伊達正宗は
再び訪れた乱世で失ったプライドを取り戻すべく石田光成を目指して進軍するのでした。

伊達正宗が生まれたのは1567年の9月5日になります。
史実ですと、戦国時代後期に誕生したようですね。
父・伊達輝宗と母・義姫との間に出来た子供で、
18歳のときに父・輝宗からその素質を高く評価され家督を譲られたそうです。
しかし、その翌年、和議に訪れた畠山善継の策略によって父である輝宗を殺害してしまう。
その後、畠山善継を討ち取るため、畠山軍の5分の1ほどの軍勢を率いて、見事畠山軍に勝利したのです。
畠山を討ち取った後、勢いにのった伊達正宗は、さらに領土を拡大させていったのです。
彼の右目は幼い頃、疱瘡にかかってしまい、完治したものの、右目が飛び出た状態になってしまい、
失明してしまったのです。その右目を自分自身で抉り取ろうとするも上手くいかず、
家臣であった片倉小十郎に右目を抉り取らせたといわれています。
「独眼竜」と呼ばれるようになったのは彼の武勇と人柄に対して敬意を表した人々が名付けたものです。
しかし、彼は「父母よりもらった眼を失い、申し訳ない。」と隻眼であることを悔やんでいました。
彼は遺言で、銅像を作ることになったら、隻眼ではなく両目を入れてほしいと願ったそうです。

では彼の紹介はここまでで、ゲームの方へ移りたいと思います。

伊達正宗の武器は一刀流と六爪流なります。
通常プレイ中は一刀流でサクサク敵を倒していくのですが、
固有奥義や専用装具を装着すると、六爪流になります。
一刀流の場合は、リーチが短いのでこの部分を補ってあげなければなりません。
六爪流の場合、攻撃力が跳ね上がるかわりに、防御力低下やガード不可になってしまうため、一長一短ですね。
私はよくバタバタ倒されてしまうので一刀流で使用しますが、旦那は六爪流でザクザク敵を打倒していきます。
私もやってみたいのですが、難易度あげちゃうとすぐに倒されちゃうのですよね。
うーん難しい。

ですが、レベル20で使用可能になる奥義「HELL DRAGON」を覚えちゃうと、
私はそればかり使っちゃうのでよく背後からブスブスと攻撃されてしまうのです。
こればかり使ってはいけませんね。
でも楽なのです。

私の旦那は「TESTAMENT」という奥義を使用しているのですが、一撃で敵を倒すことが出来るのですが、
発動までに時間がかかるうえに、非常にタイミングが難しいのです。
よくこの奥義を使用しているな…。と感心してしまいます。
よく攻略サイトなどでは六爪流をオススメしているのですが、もう少し練習が必要のようです。
防御力を上げるために「黄金の老亀」や「清正の虎皮」などを付けていくのも良いかもしれませんね。
今度伊達正宗を使用する時には実践してみたいと思います!

次回は「戦国BASARA」シリーズの熱血漢・真田幸村を紹介していきますのでお楽しみに。

戦国バサラ3宴タイトル

「戦国BASARA」シリーズは宝塚で舞台化されたこともあるってホント!?

皆さんは「戦国BASARA」というゲームをご存知でしょうか。
このゲームタイトルは「CAPCOM」さん「アークシステムワークス」さん「アクセスゲーム」さんの
3会社で開発されたゲームソフトです。
発売元は、もちろん「CAPCOM」さんです。

今回攻略していく「戦国BASARA3 宴」というゲームは、ジャンルでいいますと
「スタイリッシュ英雄アクション」というそうです。

戦国バサラ3宴タイトル
あまり聞きなれないジャンルですね。
PS3とWii Uの2機種で発売されています。
このゲームは2012年12月にお手頃価格の廉価版が発売されていますので、
もし今後記事をお読みになって興味を持たれましたら、一度プレイしてみてください。

このゲームは以前発売されました「戦国BASARA3」に様々な追加要素や変更が加えられ、
再度発売された作品です。
追加要素として、新たに使用可能になりましたキャラクター「松永久秀」や「武田信玄」に加え、
3のときに敵武将として登場しておりました12人のキャラクターが全て使用可能になり、
総勢30名の操作可能キャラクターになりました。
「戦国BASARA3」で使用してみたかったキャラクターがおりましたので、これは非常に嬉しかったです。

システム面でも少々変更があり、3で新しく導入されました「戦刻ブースト」の他に従来の
「戦極ドライブ」が追加され、さらに戦極ブーストが強化され、3段階まで溜められるようになりました。
また、今まで難易度の最高が「究極」だったのですが、さらに難しい難易度「婆娑羅(ばさら)」が追加されました。
また、難易度が増えたことにより、レベルの上限が100だったのを200まで引き上げられました。
「戦国BASARA3 宴」になったことで、各プレイヤーへ新たな固有技や細かい調整が加えられており、
一部を除いて、ほぼ全てのステージやモードで2人で遊べるようになりました。
これは私たちにとっては非常に嬉しいことでした。

このゲームはタイトル通り、戦国時代が舞台になっています。
とても人気があるようで、テレビアニメ化やアニメ映画化、さらには舞台やテレビドラマ化などもされているそうです。

舞台といえば、あの有名な宝塚歌劇団の方々がCAPCOMさんとゲームコラボレーションというかたちで、
2012年11月に花組の皆さんによる公演決定が発表されました。
そして、翌年3月に制作発表が行われたそうです。

そのときの宝塚歌劇の演目名は「戦国BASARA-真田幸村編-」といい、
キャストは真田幸村役を「蘭寿とむ」さんが演じられたそうです。
またこの公演をDVDとして2013年9月に発売し、特典として稽古風景や千秋楽挨拶なども含まれているそうです。
戦国BASARAが好きな方、宝塚歌劇団の方々が好きな方は、是非1度見てみると面白いかもしれませんね。
宝塚歌劇団・花組の皆さんが演じられる戦国BASARAは、きっとゲームとは違う世界観で素敵なのでしょう。
いつか私も見てみたいと思います。

他にもご説明したいところはたくさんあるのですが、語り出すと止まらなくなってしまうので、
早速「戦国BASARA3 宴」のキャラクターの魅力を徹底紹介していきたいと思います。