前田利家とまつも「戦国BASARA3 宴」から使用可能に!

戦国時代のおしどり夫婦・前田利家とまつ。
人気ながら「戦国BASARA3」では使用できなかった武将キャラクターだったのですが、
今作では使用できるようになりました!
利家とまつ
PS2の戦国BASARAシリーズではよく使用していたのですが、PS3では初めてなので、
どんな攻撃が追加されているのか楽しみです。

さて、前田利家とまつといえば、非常に人気の高かった大河ドラマの「利家とまつ」で皆さんもご存知ですよね。
ゲームでは、おしどり夫婦のまま登場するので史実と変わらないかもしれませんが、若干性格は変わっています。

前田利家は、妻・まつの手料理が大好物で、誰であろうが分け隔てなく接してくれるため、
部下の方々から慕われる優しい武将さんになっています。
織田信長の死後、豊臣・徳川のとぢらにもつかず、中立を保ってきたのですが、
御家と民を守るため、利家は苦渋の選択を強いられることに。
まつは、日々薙刀と料理の腕を振るって、夫である利家や部下の方々を支えていました。
ある日中立である前田軍が気に入らないとした東軍の武将にまつは人質として囚われてしまいます。
どのような結果になろうとも、利家と運命を共にする覚悟を決めているまつは、利家を信じて待つのです。
素敵な夫婦ですよね!こんな良い夫婦は現在でもなかなかいませんよね。

史実では、前田利家は尾張国海東群荒子村の荒子城主である前田利春の四男として誕生しました。
槍の名手であったとして「槍の又左」という異名を持っていました。
利家は傾奇者の風潮が好きで、若い頃はよく女性物の着物や動物の毛皮があしらわれた着物などの派手な格好で、
腰に赤い鞘の太刀をぶら下げて、常に物凄い大きさの朱槍を携えていたと言います。
この頃の利家は粗暴で喧嘩好きとして有名で、利家を見かけると「又左衛門の槍が来た」と言われるほどでした。
細身の体系で、整った顔立ちをしており、なおかつ計算高く世渡り上手な利家は、
前田家の決済を自身で行っていたのです。
利家は2年間浪人時代を過ごしていたため、お金の大切さを誰よりも知っていたのです。
そのおかげで、前田家の財政は健全であり続けることが出来たのです。

まつは、尾張国海東群の篠原一計の娘として誕生しました。
父・一計死後、母が尾張守護である斯波氏の家臣であった高畠直吉と再婚すると、
まつは母の妹の嫁ぎ先である尾張荒子城主・前田利昌に養育されることになったのです。
12歳になったまつは、利昌の子で従兄弟にあたる前田利家と結婚します。
利家と結婚後、22年でなんと2男9女という11人の子供を産みました。
これは戦国時代でも非常に稀なことなのです。
利家とまつは、本当に仲が良かったのですね!
ゲームでも史実でも仲良しな2人が羨ましいです。

「戦国BASARA3 宴」から使用可能になりましたが、前田利家の武器は、「槍の又左」ということで、
ゲーム内でも三又槍を使用します。
ですが、女性であるまつは、武将ではないため武器を持たないので、
ゲーム内では薙刀を持って戦います。
利家の特徴は、野性的な攻撃が多いです。
また、回復アイテムである「おむすび」を取得すると一定時間パワーアップします。
ですが、効果が切れるとお腹を抱えてぐーっとお腹がなってしまうため、
早めに固有装具を取得するか、パートナーにまつを設定して出陣すると良いです。
前田利家戦闘中
まつの攻撃は、薙刀を振るうよりも奥義である「怒れ!五郎丸」をメインに暴れると楽しいです。
元々固有技も古流彗星突き以外の技や奥義、バサラ技は全て動物が含まれているものが多く、
まつの固有装具である「賢才瞬麗」を装備して戦に出陣すると、動物を使った攻撃が2倍になるため、
非常に強力になります。奥義で登場する五郎丸は熊なのですが、
熊に乗って移動・攻撃・一緒に戦うことだって出来ちゃいます。
固有装具を付けた五郎丸は本当に強いのでオススメです!

Related Posts